腰痛を改善するなら|秘伝の漢方やサプリに頼るべし

女の人

ホルモンバランスの乱れ

生薬

自律神経失調症とは

更年期とは女性が閉経を迎える前後の期間のことを指します。年齢的には50歳前後で女性の9割が閉経を迎えます。この時期に差し掛かると女性ホルモンの一つ、エストロゲンの量が低下します。このエストロゲンは排卵など女性ホルモンの分泌や排卵などを作る特有の作用を行います。この他にも自律神経の安定、筋肉と骨密度を維持、血液コレステロール減少などの働きも行う物質で、いわば女性らしさを造る働きを持っています。このエストロゲンが減ることで心身に不都合な状態が訪れます。症状で一番多いのがイライラやほてり、のぼせ、うつ、疲れや肩こり、動悸など気分的にすぐれず社会生活に影響が出ることがあります。病院で検査しても特に原因が見つかるわけでないのでそのまま放置してしまう人もいます。

主な治療法

更年期症状は避けられませんが、生活習慣で症状を軽減してコントロールしていくことは可能です。閉経後は筋力が衰えて骨粗鬆症になるおそれがあるので、日常生活では筋肉に適度な負荷をかけながら骨に刺激を与える筋力トレーニングがお勧めです。他にもラジオ体操やウォーキングなど軽い運動をすることでストレス解消や冷え対策にもつながります。更年期を迎えて少しでも体調の変化を感じたら、定期検査を受けましょう。主な治療法にはホルモン補充療法があり、ほてりやのぼせには効果的です。この他にもプラセンタ注射や食事療法などがありますが、おすすめなのが漢方の服用です。漢方薬は植物の成分を利用したもので、気と血と水の体内のバランスを整えれば症状は改善します。更年期障害では多くの女性が漢方を服用しており、精神薬や注射に抵抗がある方は漢方を試してみるのがいいでしょう。まずは、近所の漢方薬専門店や薬局などに相談してみるのが、漢方治療の第一歩です。

Copyright © 2016 腰痛を改善するなら|秘伝の漢方やサプリに頼るべし All Rights Reserved.